障害者も海水浴を、ビーチ用車椅子購入 徳之島・幸徳保育園

(2019/09/19 20:00)
ビーチ用車椅子で海水浴を楽しむ障害者=伊仙町瀬田海海浜公園
 伊仙町の幸徳保育園が、乗ったまま海に入れるビーチ用車椅子1台を購入した。障害者の保護者らでつくる「徳之島ひまわり会」副会長を務める幸多健次園長(48)が「車椅子の人にも海水浴を楽しんでもらいたい」と購入を決めた。「障害者を取り巻く環境の改善につながれば」と期待する。
 ビーチ用車椅子は、特殊車両を製造販売するノースウエスト(長野県松本市)が開発。砂に沈まないよう車輪の幅が広く作られ、肘掛けに搭載した浮き袋で水に浮くようになっている。送料込み1台32万円。
(記事全文は20日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース