川内川使った米、2年ぶり「実りの秋」 伊佐

(2019/09/20 06:30)
黄金色に輝き、収穫を迎えるヒノヒカリ=19日、伊佐市菱刈
 川内川から取水する水田の稲作を再開した伊佐市で、稲刈りが始まった。川沿いは黄金色に輝く稲穂が風に揺れ、稲作を中止した昨年とは風景が一変。県内一の米どころに響く稲刈り機の音は、11月中旬まで続く。
 菱刈前目の石原久さん(51)は19日、菱刈中学校前の10アールで今季初の作業をした。20日以降の雨天を見越し急きょ決めた。トンボが飛び交う中、家族3人で手分けして伊佐米の主力品種「ヒノヒカリ」をコンバインで刈り取った。
(記事全文は20日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース