来春閉校の大川中で合同体育祭 校区みんなで記憶刻む 阿久根

(2019/10/09 20:00)
4人全員で「ソーラン節」の演技を披露する中学生
 来春閉校する阿久根市の大川中学校の体育祭が6日あった。児童・生徒数の減少で3年前から小学校と校区と合同で開く。50歳を迎えた卒業生が母校の小学校の運動会に参加する阿久根名物の「華の50歳組」に駆け付けた同小OBらも一緒に、最後の大会を記憶に刻んだ。
校庭に描かれた人文字
(記事全文は10日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース