新年に備え「すす払い」 鹿児島市の照国神社

(2019/12/26 13:00)
1年のほこりを竹ざさで払う巫女たち=25日、鹿児島市の照国神社
 鹿児島市の照国神社で25日、拝殿にたまった1年のほこりを落とす「すす払い」があった。巫女(みこ)6人が、新年を迎える準備にいそしんだ。
 神社裏の城山から切り出した長さ約3メートルの竹ざさを手に、巫女が横一列に並び、拝殿の天井やひさしを丁寧に払った。その後、社務所で熊手や破魔矢を検品した。
(記事全文は26日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース