水飲み場に小鳥やっと 児童喜び見守る 曽於市・財部南小

(2017 03/06 20:00)
財部南小学校の小鳥の水飲み場に止まったスズメ=曽於市財部
 曽於市の財部南小学校にある小鳥の水飲み場に、鳥が集まり始めた。昨年夏に設置。児童が毎日水替えしていたものの、なかなか近寄ってこなかった。木の枝を置くなどの工夫を加えたところ、年明けから止まる姿が見られるようになった。「鳥の連絡網で情報が行き渡ったのかも」と下村誠一校長(58)。児童らは大喜びで見守っている。
 同校は県の愛鳥モデル校に指定され、校内に20以上の巣箱を設置して鳥の観察に取り組んでいる。ジョウビタキ、シジュウカラ、ヒヨドリ、カシラダカ、コゲラなどの小鳥が確認できるという。
 昨年8月、地域の住民たちが「優しい心を養って」と、ブロックを積み上げて小鳥の水飲み場を設置した。
(記事全文は7日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)