福山中を忘れない 卒業生と住民らがつまようじアート制作 霧島市

(2017 03/10 20:00)
閉校記念制作として取り組んだつまようじアートを囲む福山中学校の生徒=霧島市福山
 本年度閉校する霧島市立福山中学校の3年生5人が、校舎と体育館を描いたつまようじアート2枚を完成させた。閉校記念制作として取り組み、教職員や地域住民、卒業生なども協力。計約8万本のつまようじにそれぞれの思いを詰め込んだ。
 松田貴寛(よしひろ)さん、武安風輝さん、中園侑汰さん、福崎真文さん、瀬戸口青空(そら)さん。下級生はおらず、70回目の卒業生となる5人が全校生徒だ。「地域の人たちと一緒に作りたい」との思いで、誰でも作業に参加できるつまようじアートを選んだ。
(記事全文は11日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)