種子島7駐在所、3月23日閉鎖 西之表・現和で閉所式

(2017 03/13 06:30)
閉所式であいさつする新盛祥弘巡査部長=西之表市の現和駐在所
 鹿児島県警の交番・駐在所再編に伴い、種子島警察署管内7駐在所が23日付で閉鎖される。西之表市現和の現和駐在所では10日に閉所式があり、住民ら約40人が、127年間にわたって地域を見守り続けてきた拠点との別れを惜しんだ。
 同駐在所は1890(明治23)年開設。97年に現和小学校正門前の現在地に移転した。63代目で最後の所員となった新盛祥弘巡査部長(34)は勤務した1年3カ月を振り返り、「地域の協力のおかげで事案の解決につながった」と感謝した。
(記事全文は12日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)