2017年度研修医採用109人過去最多 鹿児島県

(2017 03/17 22:29)
 鹿児島県内の2017年度臨床研修医の採用が、前年度に比べ16人増の109人だったことが17日、分かった。初期臨床研修制度が導入された04年以降、最多となった。
 研修病院ごとの内訳は、鹿児島大学病院に40人、鹿児島市立病院に18人、鹿児島医療センターに12人、今村病院分院に10人など。
 学生らと病院双方の希望が合致した医師臨床研修マッチングの結果は04年度と並び最多の121人。さらに2次募集で8人を内定したが、卒業試験や国家試験で23人が不合格だった。研修医は県に採用される自治医科大学卒業生3人を含めて、最終的に109人になった。
(記事全文は18日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)