地域観光を考える 霧島高生、大学生とリゾートもてなし体験 霧島・牧園

(2018/01/13 22:00)
料理の盛り付けに挑戦する霧島高校の生徒=霧島市牧園の天空の森
 霧島市牧園の霧島高校総合学科の生徒5人が5日、近くのリゾート施設「天空の森」を訪れ、“上質”のもてなしを体感した。施設見学や試食会などがあり、スタッフらとの交流を通し地域観光の在り方について考えた。
 同施設でインターンシップ経験のある東洋大学国際観光学科3年の佐伯里奈さん(20)らが企画した。地域観光と地方創生を研究する中で、観光ビジネス系列をはじめ特色ある教育活動に取り組む霧島高校に着目。東洋大と交流がある田島健夫社長がイベント場所を提供した。
(記事全文は14日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース