豊作と豊漁祈り春祭り 志布志・安楽山宮神社と安楽神社

(2018/02/12 06:30)
豊作を祈り奉納される「牛使い」=11日午後、志布志市志布志の安楽神社
 志布志市志布志の安楽(あんらく)山宮神社と安楽(やすら)神社で10、11の両日、豊作と豊漁を祈る春祭りがあった。県指定無形民俗文化財の正月踊りなどが奉納され、大勢の地域住民や見学客らでにぎわった。
 毎年、二つの神社が一体となり春祭りを開いている。11日は安楽神社であり、境内に敷いたむしろを田んぼに見立てて耕す「田打ち」や、暴れる赤牛を操る「牛使い」を奉納。上半身裸の男性6人が上手、下手に分かれカギ型のくわを引き合い、豊作か豊漁かを占う「カギヒキ」もあった。
(記事全文は12日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース