交通局跡地 汚染土の搬出始まる

(2018/02/14 06:30)
交通局跡地での汚染土搬出作業。ダンプカーの荷台にはシートが掛けられる=鹿児島市高麗町
 土壌から水銀など4種類の特定有害物質と軽油が検出された鹿児島市高麗町の交通局跡地で13日、汚染土の搬出が始まり、ダンプカーなど約30台が行き交った。雨の日を除き3月30日まで毎日続く。
 114区画を対象に、有害物質が基準値を下回る深さまで掘り出し、良質な土を埋め戻す。汚染土は谷山港2丁目の県用地に確保した仮置き場に運ぶ。まとめて船で関西の処理施設に送る計画だ。
(記事全文は14日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース