具象の美99点 東光展が開幕 鹿児島市立美術館

(2018/06/14 23:30)
初日から多くの来場者でにぎわう会場=14日午前、鹿児島市立美術館(南正和撮影)
 第84回東光展(東光会、南日本新聞社主催)が14日、鹿児島市立美術館で始まった。豊かな表現と描写力が光る具象絵画の力作が来場者を楽しませている。24日まで。18日休館。
 東京本展の巡回作(小品含む)に地元作家の作品を加えた油彩、水彩、版画の計99点を展示。重厚なタッチで三陸の海の厳しさを表現した風景画や、青を基調に女性2人を描いた静かな印象の人物画などが目を引く。
 一般800円、中高生500円、小学生以下無料。ギャラリートークは土日午前11時から。
(記事全文は15日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース