2年ぶり「曽我どんの傘焼き」 燃え上がる炎 夏の夜照らす 鹿児島市

(2018/07/22 13:00)
観客が見守る中、赤々と燃え上がる曽我どんの傘焼き=鹿児島市新屋敷町
 「曽我どんの傘焼き」が21日夜、鹿児島市高麗町の甲突川河畔であった。雨がぱらつく中、約400本の和傘が燃え上がり、夜空に火の粉が舞った。
 傘焼きは、鎌倉時代に曽我兄弟が父の敵を討った夜、傘をたいまつ代わりに燃やしたことに由来する。昨年は台風接近で中止になり、2年ぶりの開催。
 高さ7メートルの竹のやぐらが組まれ、午後8時すぎ、締め込み姿の男衆10人がたいまつで点火。ぱちぱちと音を立て勢いよく炎が上がると、歓声が湧いた。
(記事全文は22日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース