30年ぶり子供みこし復活、元気な掛け声響く 霧島・日当山夏祭り

(2018/08/09 06:30)
復活した子供みこしをかつぐ児童=霧島市隼人の日当山温泉公園
 霧島市隼人の日当山温泉公園で4日、夏祭りがあり、三十数年ぶりに「日当山子供みこし」がお目見えした。地元の小学生がそろいの法被に身を包み、昨年復活した「大人みこし」と並んで元気な掛け声を響かせた。
 地域活性化を目指す若手男性グループ「ひなたやま華たれ会」(19人)が昨年、木之房公民館に長く保管されたままの「大人」と「子供」のみこしの存在を知った。「今年は2基一緒に担ぎ、街を盛り上げよう」(佐々木祐輔会長)と「子供」の復活も決めた。
(記事全文は9日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース