ギニア大使ら硫黄島視察 五輪選手派遣を要請

(2018/10/12 23:00)
地元の子どもたちの歓迎を受け、記念撮影するセンクン・シラ大使(後列右から4人目)と迫久展大使(同5人目)=三島村硫黄島
 ギニア共和国のセンクン・シラ大使(56)と迫(はさま)久展在ギニア大使(65)が10、11日、2020年東京五輪・パラリンピックのホストタウンとなった三島村の硫黄島を視察し、住民らと交流した。
 三島村は伝統打楽器ジャンベを通じてギニアと20年以上交流がある。大会後に選手らを招き、交流する予定。
(記事全文は13日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース