シクラメン出荷ピーク 12月7日「大雪」 伊佐

(2018/12/07 06:30)
出荷最盛期を迎え、色鮮やかな花を咲かせるシクラメン=伊佐市菱刈花北
 7日は二十四節気の「大雪」。平地にも雪が降り始め寒さが本格化するころとされる。鹿児島県内は師走とは思えない暖かさが続いているが、8~10日には真冬並みの寒さになりそうだ。
 伊佐市菱刈花北の井之上花園では6日、クリスマス向けのシクラメンが出荷のピークを迎えた。ハウス内には赤やピンク、黄色など色とりどりの花びらをまとう1万1000鉢がずらりと並ぶ。井之上崇代表(42)は「暖冬で花の生育が早い。今後の冷え込みできれいに色づく」。出荷は20日ごろまで続く。
(記事全文は7日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース