絶滅危惧種 オオアマミテンナンショウ 筒状の花咲く 徳之島

(2019/01/16 22:00)
開花時期を迎えたオオアマミテンナンショウ=徳之島北西部
 徳之島の固有種で絶滅危惧種のオオアマミテンナンショウが開花の時期を迎えた。北西部の薄暗い茂みには、仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる筒状になった緑色の花を咲かせている。
 サトイモ科の多年草で高さ20~30センチ。麓近くの石灰岩土壌に根を張り、2月にかけて花が咲く。
(記事全文は17日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース