流木生かし丸木舟 志布志の伊知地さん

(2019/05/22 13:00)
丸木舟を製作した伊知地勇さん=志布志市の通山海岸
 志布志市志布志の伊知地勇さん(63)が、台風で海岸に流れ着いた流木を活用して丸木舟を製作した。全長約5.5メートル、帆の高さが約4メートルでサイドフロート付きの本格派。和船の模型作りも趣味で、「今度は実物大の和船を作って、釣りでもしてみたい」と意欲を見せている。
 11日には同海岸で進水式を行い、住民や知人らが見守る中、人を乗せて試運転。現在、展示できる場所を探しているという伊知地さんは、「試運転は順調にできた。走行練習ももっとしてみたい」と話している。
(記事全文は22日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース