時計 2020/09/22 20:00

志村さん「アイーン」かかしで追悼 姶良・山田の祭りに登場

志村けんさんを模したかかしなどが並ぶ会場=姶良市下名
志村けんさんを模したかかしなどが並ぶ会場=姶良市下名
 姶良市下名の山田団地横造成地で、第27回山田の里かかし祭りの展示が始まった。40点のうち、半数以上が新型コロナウイルス関連。3月に亡くなったコメディアンの志村けんさん、疫病退散に御利益があるとされる妖怪アマビエを表現した作品のほか、マスクを着けたかかしが並ぶ。

 山田校区コミュニティ協議会の主催。自治会や学校、福祉施設などが出品。13日に地域の代表ら17人で審査した。

 最高賞のかかし祭り大賞には、バカ殿様にふんした志村さんが「アイーン」のポーズを決める、やすらぎの里の作品が選ばれた。変なおじさんや、チンパンジーのパン君と一緒のかかしもある。ウェブ会議、鳥獣被害など世相を映すものも。

 例年、秋分の日に開いていた本祭は中止し、展示のみ10月10日まで実施する。同協議会の瀬戸口勉会長(71)は「例年以上に手が込んでいて、思いが伝わってくる。心を和ませてほしい」と話した。