[高校野球関連記事]

梅雨の晴れ間 堂々行進 全国高校野球鹿児島大会開幕

(2019-07-06)
開会式で堂々と入場行進する選手たち=鹿児島市の平和リース球場
 夏の甲子園を懸けた第101回全国高校野球選手権鹿児島大会は6日、鹿児島市の平和リース球場(県立鴨池野球場)で始まった。数日前までの大雨から一転、晴れやかな夏空の下、選手らは堂々と元気に入場行進した。
 開会式には一部の離島校などを除く69校61チームが参加。甲南高校の角田大吾主将が「元気はつらつとしたプレーをする」と宣誓した。日程が順調に進めば23日午前10時5分から決勝がある。
(記事全文は7日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)
[記事一覧]
2019/07/06 梅雨の晴れ間 堂々行進 全国高校野球鹿児島大会開幕