[鹿児島県代表の横顔]

[九州高校野球]鹿児島県代表の横顔 鹿屋中央/機動力で好機つかむ

(2021-04-22)
5季ぶり7度目出場の鹿屋中央
5季ぶり7度目出場の鹿屋中央

 ロングヒッターこそいないが、コンパクトなスイングと足を絡めた機動力野球で九州大会の切符を手にした。送りバント、スチール、エンドランなどを織り交ぜて進塁を狙い、好機をものにする展開を得意とする。
 俊足で県予選の打率5割の1番宮里が出塁できるかが一つのかぎ。馬庭は県予選5試合で打点5と好機に強く、小技もうまい。峯山と打率6割超えの金澤で得点するのが理想の形だ。下位打線を組む2年生の今釜、園田、礒脇も打撃が好調で得点につながっている。
 守備は決勝でこそ2失策したが、準々決勝までの3試合は宮里、礒脇の二遊間を軸に無失策と堅い。投手陣は、球の切れで勝負する右腕峯山と変化球を交ぜ打たせてとるタイプの左腕折尾のダブルエース。「バッテリーを中心とした守備からリズムをつくりたい」と山本信也監督。主将の折尾は「九州大会の舞台で少しでも多く戦いたい。ベスト4を目指す」と気合を入れる。