命の恩人お礼言わせて 蘇生処置協力の2人捜す 鹿児島市の男性

(2017 05/05 22:00)
軽い運動ができるまでに回復した谷口淳一郎さん=鹿児島市中山町
 「2人のおかげで無事に社会復帰できた。ぜひ会ってお礼を言いたい」。サイクリング中に心臓発作で倒れた鹿児島市の男性が、適切な救命処置をして名乗らぬまま立ち去った男性2人組を捜している。
 同市中山町の医師、谷口淳一郎さん(38)は4月23日、自転車店「茶輪子」=同市荒田2丁目=が企画したサイクリングツアーに参加。マリンポートかごしまから指宿方面へ出発して間もない午前7時半ごろ、国道225号の影原交差点付近(同市下福元町)で突然意識を失い転倒した。心臓が止まっていた。
(記事全文は6日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース