離島の将来、一票に託す 口永良部などで繰り上げ投票

(2017/10/20 06:30)
口永良部島から漁船で運ばれた投票箱を車に積み込む屋久島町職員=屋久島町の永田港
 衆院選の繰り上げ投票が19日、全国に先駆けて屋久島町口永良部島、三島村、十島村の計12投票区で始まり、有権者は島の将来を一票に託した。投票箱は各町村の選挙管理委員会で保管し、22日に開票される。
 繰り上げ投票は、悪天候などで投票箱を開票所に運べない事態を避けるため。三島村は台風21号の影響で20日は定期船が接岸できない恐れがあるため、県消防・防災ヘリコプターで19日、投票箱を回収した。
 20日は瀬戸内町の請島、与路島、21日は同町の加計呂麻島、長島町の獅子島で繰り上げ投票がある。
(記事全文は20日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース