宝酒造、桜島小みかん使った酎ハイ販売へ

(2017/11/08 13:00)
宝酒造から地域限定販売される桜島小みかんのクラフト酎ハイ=7日、鹿児島市役所
 宝酒造(京都)は、桜島小みかんを使った酎ハイ「寶(たから)CRAFT(クラフト)桜島小みかん」を14日から販売する。九州・沖縄地域限定。7日、原料を供給するJAグリーン鹿児島と共に森博幸鹿児島市長を表敬訪問し、商品をPRした。
 希少性が高く地域に根差した果物を使い、一手間かけて作るクラフト酎ハイシリーズの第2弾。桜島小みかんのペーストと皮ごと搾った果汁にたる貯蔵熟成焼酎を合わせ、特有の香りと程よい皮の食感を生かし、まろやかでこくのある味わいに仕上げたという。
 アルコール度数7%、330ミリリットル入り。参考小売価格250円(税抜き)。スーパー、コンビニ、道の駅などで販売する。
森博幸市長に酎ハイを贈呈する村山眞一郎組合長(中央)と渋谷尚己九州支社長(右)=7日、鹿児島市役所
(記事全文は8日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース