373桜島トップ

桜島100年の主なできごと

1914年 大正 3年 1月12日 大正噴火始まる
※活動は翌年まで続く。その後10年ほどにわたって、降り積もった火山灰による土石流被害が、桜島や大隅半島で頻発する
1923年 大正12年   このころから茂木ビワの導入本格化
1926年 大正15年 8月 鹿児島市小川町に桜島青果卸売市場開設(36年閉鎖)
1934年 昭和 9年 12月 桜島フェリー就航(西桜島村営事業としてスタート)
1935年 昭和10年 9月 降灰多量、農作物被害。10月、噴煙。
1936年 昭和11年   溶岩道路(東桜島~袴腰)が開通
1938年 昭和13年 3月 降灰
1939年 昭和14年 10月26日 南岳東南東の中腹(標高750メートル)で噴火=昭和火口できる
1940年 昭和15年 4月~ 噴煙増加
        6月 小爆発、降灰で農作物被害
1941年 昭和16年 4~6月 南岳東南東の中腹で時々爆発。8月にも爆発
        5月 自動車航送船「第一桜島丸」建造
1942年 昭和17年 7月 噴石、降灰、空振
1943年 昭和18年   噴煙、鳴動
1944年 昭和19年   噴煙、鳴動
1945年 昭和20年   噴煙、鳴動
1946年 昭和21年 3月9日ごろ 南岳東斜面(標高800メートル)から溶岩が流出、約3カ月続く(昭和噴火)
        5月10日 第一古里川で土石流、1人死亡
1948年 昭和23年 7月 噴火
1949年 昭和24年 8月12日 有村川で土石流、1人死亡
1950年 昭和25年 6月~9月 時々小爆発。降灰
        10月 東桜島村、鹿児島市に編入
1952年 昭和27年 4月 鹿児島測候所が鹿児島地方気象台に昇格
1954年 昭和29年   噴煙
1955年 昭和30年 10月31日 南岳山頂火口で爆発。北岳登山中の鹿児島大学生1人死亡、9人負傷。この日から現在まで活動が続いている。15日の爆発でも南岳で負傷者2人
1956年 昭和31年   1年を通して南岳山頂火口で繰り返し爆発
1957年 昭和32年 8月 桜島一周道路完成
1960年 昭和35年 1月20日 引ノ平展望台に5トンの噴石
    12月 京都大学の桜島火山観測所(現・火山活動研究センター)が発足
1961年 昭和36年 3月 6日 南岳山頂火口爆発。2合目まで噴石、山火事多発
1962年 昭和37年 4月 桜島火山観測所のハルタ山観測室落成
1964年 昭和39年 2月 3日 南岳山頂火口爆発。下山途中の高校生7人、噴石で重軽傷
    7月19日 野尻川で土石流、1人死亡
1969年 昭和44年 7月 降灰多量
1971年 昭和46年 1月12日 第1回桜島火山爆発総合防災訓練
※5月以後、南岳爆発なし。西桜島村の1人当たり農業所得、県内トップに
1972年 昭和47年 3月 2日 308日ぶりに南岳山頂火口爆発
    9月13日 大量降灰、島内の農作物被害大
    10月 2日 南岳山頂火口が爆発。3合目まで多量の噴石、山火事多発
    11月 1日 黒神地区に大量の噴石降る
※この年から1990年代初めまで南岳山頂火口の激しい活動が続く
1973年 昭和48年 5月 1日 町制施行で西桜島村が桜島町に
    6月 1日 有村町で農作業中の男性、噴石でけが。東桜島地区に最大でこぶし大の噴石が降り、車100台に被害
    7月 防災営農と避難施設の整備を中心とする「活動火山周辺地域における避難施設等の整備等に関する法律」(活火山法)制定
    8月21~22日 鹿児島市吉野地区で灰除去の水道使用量が増え、一時断水。給水車出動
1974年 昭和49年 6月 火山噴火予知連絡会発足(事務局・気象庁、同年に火山噴火予知計画スタート)
    6月17日 有村町の第二古里川で土石流、砂防工事中の3人死亡
    8月 9日 野尻川の砂防工事現場で土石流、児童含む計5人死亡
1975年 昭和50年 3月13日 約70キロ離れた宮崎県日南市で降灰
    4月 8日 桜島上空で全日空機のフロントガラスひび割れ
    7月 5日 高免町、黒神町に塩素ガスを含んだ降灰(通称赤灰)、農作物被害
    10月30日 黒神地区に大量の軽石が降る
1976年 昭和51年 5月13日 黒神町、垂水市牛根付近に軽石や火山れき、車のガラス破損多数。日南、串間市で降灰
    5月17日 空振で古里町のホテル窓ガラス24枚、垂水市海潟の協和小学校窓ガラス100枚以上破損
    6月24日 東桜島町で土石流、1人死亡
    7月 国の桜島直轄治山事業が着工
1977年 昭和52年 2月 1日 空振で垂水市海潟の協和小窓ガラス約60枚破損
    11月30日 古里、有村町で噴石による山火事3件、空振で窓ガラス多数破損
    12月25日 国分市上空で全日空機フロントガラスが火山灰によりひび割れ
1978年 昭和53年 4月 「活動火山周辺地域における避難施設等の整備等に関する法律」改正、名称が「活動火山対策特別措置法」に。降灰防除対策や火山観測・研究を盛り込む
    4月27日 鹿児島市街地で砂漠並みの湿度4%。降灰が水分を吸ったためとみられる
    7月29日
~8月 1日
桜島町武、藤野両地区に噴石、3人けが。鹿児島市吉野町に直径最大約3センチの火山れき多量、電柱のガイシ絶縁不良になり2500戸停電。熊本県水俣市で降灰
    10月 5日 京大桜島火山観測所がハルタ山から現在の桜島横山町に移転し、関係者に披露
    10月12日 県の桜島降灰健康検診事業始まる
    12月 4日 福山町上空で全日空機フロントガラスにひび
※この年から鹿児島県が本土全域55カ所で降灰観測
1979年 昭和54年 2月26日 黒神小と、北海道有珠山の麓にある洞爺湖温泉小が姉妹校盟約
    11~12月 火山灰による航空機のガラスひび割れ相次ぐ
1980年 昭和55年 1月 運輸省が桜島の噴煙回避で新飛行コース
    5月 2日 鹿児島市の高見馬場交差点で市電脱線、17メートル走行。原因は降灰によるレール埋没
    5月 8日 鹿児島市吉野台地から上町一帯で、約3700戸停電。信号も止まり、国道渋滞
1981年 昭和56年 1月20日 有村町に直径1.3メートルの噴石、山火事発生。11月にも古里町側の山腹で山火事
1982年 昭和57年 2月末~3月 桜島南西部一帯に高濃度の火山ガス、農作物が壊滅的打撃。「目が痛い」と訴える住民も
    8月24日 鹿児島市山下町の旧県庁屋上で1平方メートル当たり5.5キロの降灰。降灰でJR鹿児島駅構内の全ポイントが転換不能、一部運休
    11月23日 鹿屋市上空でナウル航空のガラスにひび
1983年 昭和58年 2月 2日 桜島南部の河川で土石流相次ぎ発生。古里地区では土石がホテル、商店、民家に流れ込む
    2月18日 有村町に直径1メートル前後の噴石5個落下。集落から約300メートル離れた物置小屋が焼失
    8月 2日 京大ハルタ山観測室構内に直径50~60センチの噴石落下
    8月14日 鹿児島市の垂水フェリーターミナルで車3台のガラス破損
    9月19日 鹿児島市金生町の交差点で、降灰に埋まった軌道から市電脱線
1984年 昭和59年 4月 1日 桜島フェリー、24時間運航に
    4月19日 第2古里川で土石流発生、ホテルや民家が被災
    6月 3日 空振で京大桜島火山観測所の窓ガラスが割れ1人けが。鹿児島市星ケ峯地区で3600戸停電
    6月 8日 黒神川や周辺で土石流、大雨警戒中の消防車が押し流され横転。前日には高免町にこぶし大の噴石
    6月 国土庁が桜島火山対策懇談会を設置
    7月21日 有村地区に多量の噴石、民家9戸被害
    8月25日 野尻川で観測史上最大(流出量約30万立方メートル)の土石流、国道224号は500メートルにわたり土砂たい積
1985年 昭和60年 1月 有村町各戸に緊急避難用退避ごうの設置開始
    2月 1日 鹿児島地方気象台が鹿児島市上空1500メートルの予想風向発表を開始
    2月24日 有村町、垂水市牛根麓、海潟一帯に直径2~7センチの火山れき・噴石、車のガラス多数破損
    5月20日 鹿児島市内全世帯への降灰袋配布始まる
    6月13日 降灰で市電踏切3カ所の遮断機故障
    7月 6日 有村町の小屋に噴石落下。屋根に直径2メートルの穴
    7月21日 降灰で鹿児島市内の日豊線JR踏切の遮断機誤作動、普通列車と乗用車が衝突、1人けが
    8月11日 降灰で鹿児島市吉野方面の約1万1千戸停電
    8月22日 火山ガスの二酸化硫黄濃度、島外の鹿児島市で1ppmを初めて超す
    9月 京大のハルタ山坑道で地殻変動観測開始
    9月 5日 鹿児島市が桜島降灰対策本部を初設置
    11月11日 垂水市で降灰袋配布始まる
    12月 3日 空振で、鹿児島市内のガラス破損100件超。同市役所正面玄関の木製かんぬきが折れる
1986年 昭和61年 2月 6日 空振で垂水市内の窓ガラス82枚破損。大分県津久見市まで音響
    5月 鹿児島市が降灰ステーションに表示板
    6月24日 噴石で黒神、高免地区の計30棟の屋根に穴。国分市上空で東亜国内航空機のガラスに傷
    11月23日 直径約2メートル(約5トン)の噴石が古里町のホテルを直撃、6人が重軽傷
    12月30日 火口から約20キロ離れた輝北町などに多量の火山れき、車十数台のガラス破損
1987年 昭和62年 3月 有村地区の22世帯が鹿児島市の星ケ峯団地などへ移転
    9月15日 空振で鹿児島市役所本館玄関のドアのかんぬきが折れる
    11月17日 1千メートルの火柱観測。東桜島町湯之の廃車置場に噴石、廃車10台焼失。曽於郡大隅町でトラックがスリップ、民家へ突っ込む
1988年 昭和63年 1月30日 空振で古里町のホテル、民家の窓ガラス35枚破損
    6月15~16日 鹿児島地方気象台で1平方メートル当たりの24時間降灰量が観測史上最多2671グラムを記録。鹿児島市が約2年ぶりに桜島降灰対策本部設置
    7月 「火山と人との共存」をテーマに鹿児島国際火山会議開催。海外30カ国200人を含む火山学者、専門家400人以上が参加
1991年 平成 3年 8月 5日 エアーニッポン機のフロントガラスにひび
夏場に西寄りの風が連日吹き、降灰やガスで桜島東部のミカン、ビワに大打撃
1992年 平成 4年 3月 有村地区の3世帯が鹿児島市の星ケ峯団地へ移転
1993年 平成 5年 4月 高免小休校
1994年 平成 6年 5月23日 鹿児島県、鹿児島市、垂水市、桜島町が桜島のハザードマップ(災害危険区域予測図)を公表。全国の火山で初
1995年 平成 7年 8月23~25日 3年ぶり活動活発化。降灰で九州自動車道が一時不通。福岡や長崎まで降灰
1996年 平成 8年 10月 火山性地震・微動回数月合計20回(65年の観測開始以来最少)
1997年 平成 9年 4月 改新小休校
    8月 火山性地震月11回、最少更新
1999年 平成11年 12月10日 火柱1千メートル、4合目まで多量の噴石。黒神町の県道一帯に最大直径4~5センチの火山れき
2000年 平成12年 10月 7日 噴煙が5千メートル以上に。桜島町袴腰付近で直径最大3~4センチの火山れきで車のガラス破損35台以上、ビニールハウスなど被害。鹿児島市の北埠頭周辺に直径2~3ミリの火山れき
2003年 平成15年 11月 気象庁が桜島を含む全国5火山に活動度レベルを導入
2004年 平成16年 11月 1日 桜島町が鹿児島市と合併
2005年 平成17年 2月 鹿児島市有村町の南岳斜面に、国土交通省の観測坑道完成
2006年 平成18年 6月 4日 昭和火口から噴煙確認。7日に噴火
(昭和火口活動再開)
    6月14日 昭和火口から半径2キロを立ち入り禁止。19日まで断続的に噴火
    7月18日 昭和火口の火砕流を想定し、有村・黒神地区で避難訓練
2007年 平成19年 5月20日 昭和火口、11カ月ぶり噴火
    12月 気象庁が噴火警戒レベルを導入
年間爆発10回(すべて南岳山頂火口)
2008年 平成20年 2月 3日 昭和火口が06年の活動再開後、初めて爆発
    2月 6日 火砕流が昭和火口から東側へ1.5キロ流下
2009年 平成21年 3月10日 昭和火口から2キロ付近に直径50センチ以上の大きな噴石
    12月21日 475回目の爆発、年間爆発回数を更新
2010年 平成22年   年間爆発896回
2011年 平成23年   年間爆発最多996回(うち南岳山頂火口2回)
2012年 平成24年 3月12日 昭和火口爆発、2合目まで大きな噴石
    7月24日 南岳山頂火口爆発。鹿児島市に大量の降灰。JR運休相次ぐ。年間爆発885回(うち南岳山頂火口2回)