かごしま明治維新特集
西郷年表
1828年1月23日
(文政10年12月7日)
鹿児島城下の下加治屋町に、藩士・西郷吉兵衛の長男として生まれる。幼名は小吉
1844年
(弘化1年)
薩摩藩の郡方書役助になる,1844
1850年
(嘉永3年)
藩に農政に関する建白書を提出
1854年
(安政1年)
参勤交代で斉彬に従い江戸へ。庭方役になる。藤田東湖を訪ねる,1854
1858年
(安政5年)
僧月照と錦江湾で入水自殺を図る。西郷は蘇生する。その後、奄美大島の龍郷へ。翌年に愛加那と結婚,1858
1862年
(文久2年)
鹿児島に帰るが、久光の命令にそむき、沖永良部島に遠島処分,1862
1864年
(元治1年)
鹿児島に帰還。禁門の変で薩摩藩兵を指揮して長州軍を破る。翌年、イトと結婚,1864
1866年
(慶応2年)
京都の小松帯刀邸にて長州藩の木戸孝允(桂小五郎)、坂本龍馬と会談,1866
1867年
(慶応3年)
新政府参与となる,1867
1868年
(明治1年)
江戸高輪の薩摩藩邸で勝海舟と会談,1868
1872年
(明治5年)
参議兼陸軍元帥・近衛都督に任命
1873年
(明治6年)
朝鮮への使節派遣が中止となり、辞表を提出。鹿児島へ帰郷
1874年
(明治7年)
私学校を設立。政府への復帰を要請されるが断る,1874
1877年
(明治10年)
私学校の生徒が政府の火薬庫を襲撃。2月に挙兵し鹿児島を出発
9月24日 政府軍の総攻撃により、城山で自刃。西南戦争終結,1877
1889年
(明治22年)
西南戦争の罪が赦され、正三位を追贈される
おすすめ
偉人マップで旅に出よう

スマホ版

近くの観光スポットが分かる!

近隣のグルメ情報も紹介!