「写真力」98点  篠山紀信展始まる 鹿児島市・県民交流センター

(2019/03/08 23:30)
篠山紀信さんの撮影したポートレートに見入る来場者=鹿児島市のかごしま県民交流センター
 「篠山紀信展 写真力」が8日、鹿児島市のかごしま県民交流センター6階ギャラリーで始まった。写真家篠山紀信さん(78)が50年にわたって撮り続けた98点を展示。各時代を象徴する人たちの力強い表情、肉体美を収めた写真が会場を彩る。5月12日まで。
 渥美清さん、美空ひばりさんら鬼籍に入った人のコーナー「GOD」、フィギュアスケート選手羽生結弦さんや、鹿児島県出身の山田孝之さん、国生さゆりさんを収めた「STAR」など5章構成。複数のカメラで撮影し1枚に完成させる独自の手法「シノラマ」で一堂に会する大相撲の力士らを撮った大作、東日本大震災の被災者の表情を捉えたシリーズも目を引く。
 月曜休館(祝日の場合は翌平日)。一般1200円、高大生700円、中学生500円。小学生以下は保護者同伴の場合無料。会期中は県写真協会フォトグラフ展を同時開催。
(記事全文は9日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)