珍鳥オニカッコウ発見 喜界島

(2019/05/14 22:00)
木の枝にとまる迷鳥のオニカッコウ=喜界町(藤崎誠之さん提供)
 国内で確認例の少ない鳥「オニカッコウ」が喜界町で見つかった。迷鳥とみられ、町図書館勤務の藤崎誠之さん(31)が13日、撮影に成功した。
 日本大百科全書によると、ホトトギス科でインドから東南アジア、オーストラリアにかけて分布。全長約40センチ、雄はカラスのように全身が黒い。「コーエル」という高い独特の鳴き声が特徴だ。
(記事全文は15日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)