薩長土肥の高校生、歴史や文化学び交流 鹿児島市

(2019/10/13 06:30)
集成館事業で造られた反射炉について模型を前に説明を受ける高校生ら=鹿児島市の尚古集成館
 「薩長土肥同盟」を昨年締結した4県(鹿児島、山口、高知、佐賀)の高校生の交流研修が12日、鹿児島市で始まった。幕末維新期の先人にあやかり、14日まで同市などで歴史や文化をともに学ぶ。4県の合同事業。
 39人が参加した。「歴史・文化を生かした観光振興」「地域経済・産業の活性化」などをテーマに意見交換し、最終日に企画案を発表する。
(記事全文は13日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)