霧島産原木シイタケ焼き菓子で1席 第一工大・森園助教

(2019/11/10 20:00)
原木シイタケを使った焼き菓子を考案した森園由香助教(右)と、6次産業化研究会の学生ら=霧島市の第一工業大学
 第一工業大学(霧島市)が霧島産の原木シイタケを使って開発した焼き菓子が、林野庁主催の新メニューコンテスト「森のめぐみプロジェクト」で1席の大賞を受賞した。来年2月から、校内のカフェで販売を計画する。レシピを考案した森園由香助教(38)=臨床栄養学=は「今後も改良に取り組み、多くの人に味わってもらいたい」と意気込んでいる。
焼き上がった「原木しいたけと植物工場野菜のプレッツェル」=霧島市の第一工業大学

(記事全文は10日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)