越冬ツル1万5529羽、過去2番目 出水

(2020/01/12 22:00)
荒崎休遊地を飛び立つツルの群=12日午前7時50分ごろ、出水市荘
 鹿児島県ツル保護会などは12日、出水市の荒崎休遊地と東干拓休遊地で、今季最後のツル羽数調査をした。2カ所を行き来するツルがいたことなどから、初めて「調査不成立」とした。この結果、最多だった3回目(昨年11月23日)の1万5529羽を今季の記録とした。過去2番目に多く、23季連続の1万羽超えとなった。
 保護会によると、この日は夜明けから、多数のツルが絶え間なく餌を求めて飛び立ち、2カ所を飛び交うなど複雑な動きをみせた。調査後の集計で「正確な数字を出せない」として、羽数の公表を断念した。
(記事全文は13日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)