縁起物スタンプ復活 無人化の喜入駅、自由に入場券押印

(2020/06/26 08:51)
駅員が押印する最後の日付が入った入場券
駅員が押印する最後の日付が入った入場券
記念スタンプを押す男性=鹿児島市喜入町のJR喜入駅
記念スタンプを押す男性=鹿児島市喜入町のJR喜入駅
 JR九州は、鹿児島市のJR喜入駅の窓口に、「合格祈願」など3種類の記念スタンプを設置した。縁起物として人気の入場券に自由に押印できる。

 喜入駅では「喜びが入る」駅の入場券を縁起物として購入し、窓口で駅員にスタンプを押してもらう利用者が多かった。5月30日に窓口が無人化されたのに伴いスタンプはなくなったが、特急「指宿のたまて箱」が今月19日に運転を再開したのに合わせ復活した。

 合格祈願のほかは「祝ご結婚」「安産祈願」。入場券は自動券売機で購入する。

 南さつま市から列車の旅の途中で喜入駅を訪れた宮原博さん(69)は「喜入駅に降りたのは偶然だったが、来て良かった。東京にいる孫に送る」と入場券に合格祈願のスタンプを押した。