神村学園、駅と「直結」 国道3号またぐ連絡橋完成 いちき串木野

(2020/07/11 23:00)
国道3号線をまたぎ、駅に直結する歩道橋=いちき串木野市
国道3号線をまたぎ、駅に直結する歩道橋=いちき串木野市
 いちき串木野市別府の神村学園前駅に連絡通路橋と横断歩道橋が完成し、3日に渡り初め式があった。同学園は児童生徒千人以上がJRを利用。交通量の多い国道3号を横断する必要がなくなり、混雑が解消され、安全確保につながると期待される。

 橋ができたのは、駅舎から国道を渡り、学園前に至る57メートル。駅から国道手前までの連絡通路橋部分(30.7メートル)は神村学園が設置し、事業費1億円のうち4割を市が補助した。国道をまたぐ横断歩道橋部分(26.3メートル)は、鹿児島国道事務所が1億8900万円かけて整備した。

 駅周辺は朝の通学時間帯に電車が着くたびに混雑し、信号待ちを繰り返すことが多かった。安全面などから学園と地元照島地区は2015年から市を通じて歩道橋設置を国に要望していた。

 式は市主催。同学園の神村慎二理事長(58)は「完成で児童、生徒の安心・安全が得られる」と感謝した。