鹿児島弁「デスデス」も学べる! 超ホットなコラボ動画 アニメ「鷹の爪」×県産ハバネロソース 10万回再生を突破

(2020/08/20 14:00)
デスデスソースを共同開発した中園信吾さん(左)と荒堀勝由さん=鹿児島市のMebuki中央店
デスデスソースを共同開発した中園信吾さん(左)と荒堀勝由さん=鹿児島市のMebuki中央店
 鹿児島県産トウガラシを使ったご当地調味料「デスデスソース」とアニメ「秘密結社鷹の爪」のコラボ動画が注目されている。6月13日に動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開されて以後、10万回再生を超えた。

 ソースは、ウェブメディア「カゴシマニアックス」の中園信吾編集長(36)と、鹿児島市の飲食店Mebukiの荒堀勝由代表(39)が一昨年、共同開発した。材料となるトウガラシの一種ハバネロは鹿児島大学農学部の坂上潤一教授らが協力している。

 コロナ禍で売り上げが落ちた企業を応援しようと、同アニメの制作会社などが始めたコマーシャル動画を無償で制作する企画に応募し採用された。

 中園編集長は「楽しい動画になった。県産ハバネロでコロナ禍の暑い夏も乗り切ってほしい」と話している。ソースは鹿児島空港などで1本(70ミリリットル)825円から販売、オンラインショップは3本セット3千円から注文できる。
鷹の爪とコラボする「DEATH×DEATHソース」
鷹の爪とコラボする「DEATH×DEATHソース」