時計 2020/09/15 23:00

沖永良部の天然海水でシラスウナギ人工生産成功 量産化技術確立へ 新日本科学

沖永良部島事業所でふ化したニホンウナギの仔魚・レプトセファルス(新日本科学提供)
沖永良部島事業所でふ化したニホンウナギの仔魚・レプトセファルス(新日本科学提供)
 ニホンウナギの人工種苗生産研究を進める新日本科学(本店・鹿児島市)は、和泊町に昨秋開設した沖永良部島事業所で、天然海水による稚魚(シラスウナギ)の人工生産に成功した。「量産化の技術確立に向けて準備が整った」として、2023年までに1万匹の生産を目指す。

 ニホンウナギは絶滅の恐れがあり、天然の稚魚の採捕量は減少傾向が続く。官民で人工稚魚生産の研究が進んでいるが、ふ化後に稚魚まで育てるのが難しく、量産化の壁になっているという。

 医薬品開発受託・研究の新日本科学は14年、鹿児島市で研究を開始。17年には人工海水を使った閉鎖循環システムで稚魚生産に成功、18年からは指宿市に薩摩うなぎ研究所を設け、大量生産に向けた研究を進めてきた。

 沖永良部島事業所は昨年10月、天然海水による実証研究施設として伊延港近くに設置した。親ウナギから採取した卵と精子を人工授精させた受精卵が今年3月頃ふ化。飼育期間が180日に達した今月、体長5センチほどに育った仔魚を、稚魚に変態させることに成功した。

 現在、飼育を始めた仔魚が稚魚になるまでの生存率は1%未満。まずは5%まで向上させるのが目標で、餌の開発を進める。永田良一社長は「事業化に向けた研究へステップアップできる。将来は規模を拡大し、島の雇用創出に役立てたら」と話している。
沖永良部島事業所で誕生した稚魚(新日本科学提供)