時計 2020/09/22 13:00

平和への願い、書に込める 高校生が奉納揮毫 鹿児島市・護国神社

コロナの終息を願い筆を執る高校生=鹿児島市の護国神社
コロナの終息を願い筆を執る高校生=鹿児島市の護国神社
 国際平和デーの21日、鹿児島市の護国神社で、樟南高校書道部員らが新型コロナウイルス終息の願いを込め奉納揮毫(きごう)をした。

 雅楽の音が響く中、部員5人は明治天皇の御製(和歌)を書き上げ、相手を思いやる大切さを訴えた。同市のデザイナーで書道家の松田貴志さん(45)と霧島市の書道家上野裕琴さん(45)も、聖徳太子の十七条憲法の一節「以和為貴」をしたためた。

 「一人でも多くの人が差別を考えるきっかけになれば」と2年の前平南美さん。全国の護国神社と靖国神社、広島と長崎両市の平和公園でも一斉に行われた。