時計 2020/09/24 20:00

吹上浜荘跡地にグランピング施設オープン いちき串木野

新たに完成したグランピング施設のトレーラーハウス=いちき串木野市湊町1丁目
新たに完成したグランピング施設のトレーラーハウス=いちき串木野市湊町1丁目
 いちき串木野市の旧国民宿舎「吹上浜荘」跡地に18日、手ぶらで高級志向のキャンプができるグランピング施設「Fukiagehama Field Hotel」がオープンした。大里川沿いにトレーラーハウスやエアコン付きテントを設け、「手軽に非日常な空間を楽しめる」とアピールする。

 同市は2018年、吹上浜荘と隣接する市来ふれあい温泉センターの2施設をIT企業「コロン」(鹿児島市)へ無償譲渡した。耐震補強が必要な吹上浜荘は、19年3月に閉館し解体されていた。

 新たに完成したグランピング場には、トレーラーハウス(30平方メートル)13台とエアコン付きテント(24平方メートル)6張りを設置。一部はペット同伴可能。各棟にバーベキュー用グリルや冷蔵庫、無線LAN(Wi-Fi)を完備し、場内中央にはバーやプールを設けた。

 利用者は隣接する温泉センターに無料で入浴可能。夕食はバーベキュー用に下ごしらえした牛・豚肉やパエリアなどの食材を提供する。料金は1人当たり、1泊2食付き(平日・大人2人利用、税別)でトレーラーハウスは1万2500円、テントは1万500円から。宿泊曜日や宿泊人数で料金は変動する。

 運営するコロンの植田丈二取締役(43)は「今後は隣にホテルを建設、大里川を生かしたレジャープランも考えたい」と話した。