時計 2020/11/08 18:57

立皇嗣の礼祝う 鹿児島県内

限定御朱印も登場 護国神社
立皇嗣の礼を祝う神事で「豊栄の舞」を舞うみこ=8日、鹿児島市の県護国神社
立皇嗣の礼を祝う神事で「豊栄の舞」を舞うみこ=8日、鹿児島市の県護国神社
 秋篠宮さまが皇位継承順1位になられたことを内外に示す「立皇嗣(りっこうし)の礼」が行われた8日、鹿児島県内の神社でも奉祝祭があり、祝詞や舞を奉納して祝った。
 鹿児島市の護国神社は神事に約20人が出席。祝詞の後、みこが「豊栄(とよさか)の舞」を舞い、参列者の代表が玉串をささげた。
 奉祝祭を見守った姶良市のサービス業の女性(50)は「厳かな調べと舞に日本の歴史を感じて感動した」と感想。
 同神社は、秋篠宮さまが祖父・昭和天皇とともに那須高原に行った際の気持ちを詠んだ和歌を記した1日限定の御朱印を発行した。午前8時半の受け付け前から希望者が並んだ。鹿児島市の主婦(53)は家族で3枚求めた。「お祝いの気持ちで御朱印を求めた。いい記念になる」と話した。