時計 2020/11/09 10:00

精神疾患の息子から暴力、反省日記を強要され… めった刺しで殺した70代父むせび泣き「家族だから」苦悩の日々

男は日々の反省を記す日記を息子に強要されていた(写真と記事は関係ありません)
男は日々の反省を記す日記を息子に強要されていた(写真と記事は関係ありません)
 〈人間スクランブル かごしま法廷傍聴記〉

 「あなたは息子の悪いところばかりを言っている。いいところはありませんでしたか」。精神疾患を抱えた50代の息子を刺し殺したとして殺人の罪に問われた70代の男は、検察官から取り調べを受けた際に掛けられた言葉を口にし、むせび泣いた。

 上下スエット姿。日頃からジムに通っていたためか実年齢より若くみえ、受け答えもしっかりとした印象だった。「息子なりにいいところもあった。取り返しがつかないとの言葉があるが、全くその通りだと思う」と後悔の念を表した。

 息子は退職して東京から鹿児島に戻ると引きこもった。70代の妻の病院や買い物に付き添い、家族3人でDVDを見ることを楽しみにしていた。男に「誕生日おめでとう」とメッセージを送る優しい一面があった。

 ただささいなことで怒り出すことが多く、男や妻への暴言や暴力が度重なった。親子のいさかいがしばしば警察沙汰になり、医療保護入院(強制入院)を繰り返した。

 食事中にくちゃくちゃ音を立てないようにします-。男が息子に無理やり書かされた念書を部屋に貼った様子や、日々の反省を記した日記を強要されていたことなど異様ともいえる生活の一端も明らかになった。息子は幼い頃、男から厳しくしつけられていたといい、意趣返しだったのだろうか。

 証拠として示された近隣住民の調書に「ほぼ毎日、大声でけんかをする声が聞こえてきた。いつ(事件が)起きてもおかしくないと思っていた」とあった。検察官から「たまっていたものが爆発したのでは」と問われ、男は否定しなかった。

 妻への暴言が事件の引き金になった。「家を燃やしてやろうか」。激高し、暴れる息子を注意しようとした男が危害を加えられそうになり、身を守るために持ち出した脇差し(刃渡り約45センチ)で突発的な犯行に及んだと弁護側は主張した。

 玄関先から路上まで追い掛け、めった刺しにした凄惨(せいさん)な犯行。男には懲役6年の判決が言い渡された。殺意が認められ、息子から暴行などを受けたことによる過剰防衛も成立しなかった。

 求刑は同12年だった。「被害者との生活で苦労を重ね、動機に同情すべき面がある」と情状が考慮された。最後に裁判長から「絶望せずに刑期を全うし、妻との静かな生活に戻ってください」といった裁判員らのメッセージが読み上げられた。

 判決から数日後、男は面会に訪れた弁護人に控訴しない旨を伝え、こう告げたという。

 「これまで息子が家庭内で問題を起こす度、『事件にならないと警察は動けない』と言われた。でも家族だからこそ、事件にしたくないと思う気持ちがある。同じように抱え込んでしまう人がいたら助けてあげてほしい」