時計 2020/11/18 10:00

鬼伝説残る神社に神石、水の呼吸で対峙すると…「鬼滅」名シーンの炭治郎気分に! 都城市

「鬼滅の刃」の名シーンにそっくりと話題の神石=都城市高崎町の東霧島神社
「鬼滅の刃」の名シーンにそっくりと話題の神石=都城市高崎町の東霧島神社
 都城市高崎町の東(つま)霧島神社にある「神石(しんせき)」が、人気アニメ「鬼滅の刃」に登場する主人公・炭治郎が修行中に切った石に似ていると注目を集めている。稲丸利弘宮司(74)によると、神石は国生みの神イザナギの涙が固まったもので、悲しみを断ち切るため一刀両断したと伝わる。

 鬼が一晩で999個の石を積み上げ築いたという鬼磐(おにいわ)階段など、もともと鬼とは縁深い東霧島神社。稲丸宮司は「神石には苦難を乗り越える力が宿るとされる。物語と通じる伝説も多く残るので、アニメと重ねながら楽しんでほしい」と話している。