時計 2021/01/14 23:00

正社員300人新規確保 半導体部品の需要増 京セラ川内

正社員の大幅拡充に踏み切った京セラ鹿児島川内工場=薩摩川内市高城町
正社員の大幅拡充に踏み切った京セラ鹿児島川内工場=薩摩川内市高城町
 薩摩川内市の京セラ鹿児島川内工場は、新たに正社員300人の確保を進めている。主力となる半導体用部品の受注が、昨年夏から急増しているため。同工場は、春ごろまでの人員補充を目指している。

 同工場によると、新型コロナウイルス感染対策のテレワーク設備機器や第5世代(5G)移動通信システムに対応したスマートフォンなどの需要が国内外で増加。半導体用部品の発注が相次ぎ、全国の京セラ工場から応援人員を呼び寄せて対応している。

 需要が今後も継続して見込めると判断し、昨年11月ごろから工場正社員の中途採用を開始した。重田幸男工場長(57)は「昨春の定期採用者数は新型コロナの影響で少なかった。定年などで毎年約100人退職することからも、新規で300人必要」と話した。

 同工場の従業員数は昨年12月1日現在4202人で、うち約7割が正社員。募集するのは製造用機械の管理・制御を担うオペレーター。現在までの採用、内定者数は約60人。採用後は順次現場に配属される。同工場=0996(23)4122