時計 2021/01/20 06:30

「指宿砂むし」地域団体商標に 鹿児島県内の温泉で初登録

「指宿砂むし温泉」の地域団体商標登録を報告する指宿商工会議所の南荒生会頭(中央)ら
「指宿砂むし温泉」の地域団体商標登録を報告する指宿商工会議所の南荒生会頭(中央)ら
 指宿市の名物「指宿砂むし温泉」「指宿温泉」が、特許庁の「地域団体商標」に登録された。全国の温泉では黒川(熊本県)や道後(愛媛県)など46件が登録されているが、県内では初めて。

 同商標は、ブランド強化や模倣対策として「地域の名物」を登録できる制度。県内では薩摩焼や知覧茶など16件が登録されている。指宿商工会議所(南荒生会頭)が2019年3月27日に出願し、市や観光協会が協力。昨年12月17日付で取得した。

 19日に南会頭らが指宿市の豊留悦男市長に報告した。観光協会の中村勝信会長は「ばらばらだった表記を統一することでより認知されやすくなる。市民にとっても明るいニュースで、さらに愛着を感じてもらえると思う」と話した。