時計 2021/01/23 23:00

新型ロケット「H3」胴体初公開 種子島で2021年度打ち上げ JAXAと三菱重工

報道陣に公開されたH3ロケットの胴体=愛知県飛島村の三菱重工業飛島工場
報道陣に公開されたH3ロケットの胴体=愛知県飛島村の三菱重工業飛島工場
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は23日、開発中の国の新型基幹ロケット「H3」初号機の胴体を同社飛島工場(愛知県飛島村)で報道陣に初公開した。26日に南種子町の種子島宇宙センターへ向け搬出する。組み立てや最終点検作業を進め、2021年度内の打ち上げを目指す。

 初号機は全長57メートル、直径5.2メートル。円筒形の胴体は、1段エンジンと燃料タンクが連なった37メートルと、2段エンジンを含む12メートルに分けて運搬する。

 H3は作業工程を効率化し、機体構造も簡素化。打ち上げ準備や点検、その後の補修をより短期間でこなせるようになり、顧客ニーズに柔軟に対応できる。打ち上げ価格はH2Aの半額程度の約50億円を見込む。

 JAXAの岡田匡史・H3プロジェクトマネジャーは「構想が形になるすごさを感じている」。三菱重工の奈良登喜雄・H3ロケットプロジェクトマネジャーは「種子島に運び込めるのは大きな節目。一つずつ課題を解決して、打ち上げ成功につなげたい」と話した。