時計 2021/02/10 13:00

「また先生になりませんか」 人材確保へ、経験者は一部試験免除 22年度採用 鹿児島県教委

鹿児島県庁
鹿児島県庁
 鹿児島県教育委員会は2022年度採用の教員について、県内の公立学校で正規教員(養護、栄養教諭含む)として通算3年以上の勤務経験がある離職者らを対象に、1次試験の「教職教養」を免除する。配点見直しにより、専門性の高い人材の確保を図るほか、高校で新たに「情報」の採用試験を実施する。8日の県教委定例会で明らかにした。

 県教委によると、育児や介護などで、やむを得ず離職した人が復帰しやすい環境を整え、県の教育課題を理解した人材確保が狙い。経験者優遇の取り組みは、宮崎や熊本、福岡の各県で行われているという。「教職教養」と「教科専門」がある1次試験について、「教科専門」の配点割合を引き上げ、専門性や実践力を重視する。

 鹿児島県内の21年度採用試験は小学校2.1倍(前年度2.6倍)など低迷が続く。採用方針について前倒しで公表、受験者確保を目指している。

 正式な試験要項は、5月上旬に発表される見込み。教職員課は「応募者が増えるよう工夫を凝らし、優秀な人材の採用を続けたい」としている。

 「情報」の採用試験については22年度から高校の新学習指導要領が段階的に施行され、プログラミングなどを学ぶ「情報1」が必修となる。