時計 2021/02/28 06:30

有明東-志布志間3.6キロが開通 地域高規格・都城志布志道路

開通した有明志布志道路を通り初めする関係車両=志布志市安楽
開通した有明志布志道路を通り初めする関係車両=志布志市安楽
 地域高規格道路・都城志布志道路で、志布志市の有明東-志布志インターチェンジ(IC)間3.6キロの「有明志布志道路」は27日開通し、一般車両の通行が始まった。

 志布志ICで同日、開通式があり、国や鹿児島県、沿線自治体の関係者ら約70人が出席した。塩田康一県知事は「来月28日には金御岳(都城市)-末吉IC(曽於市)間も開通する。引き続き都城・大隅地域発展のため全力で取り組みたい」とあいさつ。下平晴行志布志市長は「全線開通が目前となり、地元としては大変な喜び」と述べた。テープカットとくす玉割りの後、有明東ICまで通り初めパレードをした。

 有明東-志布志IC間は2008年度に着工し、93億円をかけて整備した。都城志布志道路は総延長44キロの自動車専用道路。3月の金御岳-末吉IC開通に伴い、横市(都城市)-志布志IC間の32キロがつながり、使用率は7割を超える。
広告