時計 2021/04/07 11:00

婚活、仲立ちは「AI」 理想の相手、広がる選択肢 コロナ下、増えるオンラインお見合い

希望や相性が合う人をAIが紹介してくれる。民間結婚相談所「ツヴァイ」の会員が見られる画面のサンプル
希望や相性が合う人をAIが紹介してくれる。民間結婚相談所「ツヴァイ」の会員が見られる画面のサンプル
 婚活にAI(人工知能)など最先端技術を取り入れる動きが広がっている。少子化対策として国も支援に本腰を入れ始めたAI婚活の現状を探った。

 全国50店舗、会員9万人を誇る大手の民間結婚相談所「ツヴァイ」では、会員の趣味や性格、価値観、容姿の好みなどの詳細なデータをAIが分析して、相性の良い相手を紹介する。

 従来の相談所のように収入や身長といった条件が選べることに加え、価値観や好みの似た人の過去のお見合いデータも勘案されるため、より幅広い選択肢が示されるという。

✲6カ月で結婚、相手は全国に✲

 鹿児島市の会社員男性(40)は昨年8月に入会し、6カ月で結婚に至った。「条件が合う人だけでなく、自分に合うと判断された人も紹介してもらった。写真の雰囲気などを見てフィーリングが合いそうな人に会って、交際からプロポーズまでスムーズにいった」と話す。

 セールス本部第4部の今村明雄部長(45)によると、コロナ禍でオンラインお見合いが増え、「理想の相手を探す地域が全国に広がった」と話す。

 ツヴァイでは、会員同士の信頼性を高めるため、独身や収入の証明書を提出し、男女とも登録料・入会初期費用合わせて約10万円を支払う。自然と結婚に真剣な人が集まるという。

✲少子化対策へ国も支援本腰✲

 内閣府は本年度から自治体への補助を拡充し、AI婚活事業を後押ししている。

 自治体へのシステム導入・運営費の補助をこれまでの2分の1から、複数自治体でAIやビッグデータの婚活を実施した場合、3分の2に引き上げる。

 鹿児島県が委託し、県法人会連合会が運営する「かごしま出会いサポートセンター」は昨年4月からAI機能を活用している。

 会員の活動履歴を活用し、同じような好みを持つ人が、どのような人から好まれているかを分析。本人が気付いていない相性の良い人を提案するという。

 会員は900人。登録料も2年間で1万円と、民間と比べて割安となっている。

 岩崎光憲副センター長(69)は「多くの相手の中から探す速さ、利便性は上がる。だがAIはあくまで選択肢の一つ。何を相手に求めるのか。こだわりを持って、自分の目で決めることが大切」と話した。

 ■ツヴァイ
 会員は全国に約9万人で、男性が48%、女性が52%。鹿児島店は、鹿児島市山之口町1―10 鹿児島中央ビル7階。099(223)7281。

 ■かごしま出会いサポートセンター
 専用端末を使う登録や会員情報の閲覧はセンターや出張窓口でできる。鹿児島市金生町7―8 鹿児島金生町ビル5階。099(208)1150。