時計 2021/04/08 13:00

飲酒運転 絶対ダメ 春の安全運動、事故防止訴え 鹿児島市

交通事故防止を呼び掛ける鹿児島西地区交通安全協会員ら=鹿児島市田上台3丁目
交通事故防止を呼び掛ける鹿児島西地区交通安全協会員ら=鹿児島市田上台3丁目
 鹿児島西署は8日、鹿児島市田上台3丁目の県道で、飲酒運転の根絶やシートベルト着用を訴えるチラシをドライバーに配った。署員や鹿児島西地区交通安全協会員ら17人が参加した。

 春の全国交通安全運動(6〜15日)の一環。信号待ちの車に声を掛け、「飲酒運転は絶対にしない・させない」と書かれたチラシなどを配って事故防止を呼び掛けた。

 鹿児島西地区交通安全協会広木支部の中島守支部長(76)は「マナーを守って安全運転を心がけてほしい」と話した。

 県内では飲酒運転に絡む死亡事故が2、3月に計3件発生。3人が犠牲となった。