時計 2021/04/11 22:00

ピタゴラテーマも完コピ 全日本リコーダー金賞の音色 栗野中音楽部3人

金賞受賞に笑顔の(前列左から時計回りに)植村心美さん、祁答院夏妃さん、池水ここさんと前田美奈子教諭=湧水町の栗野中学校
金賞受賞に笑顔の(前列左から時計回りに)植村心美さん、祁答院夏妃さん、池水ここさんと前田美奈子教諭=湧水町の栗野中学校
 湧水町の栗野中学校音楽部の3人が、3月下旬にあった「第42回全日本リコーダーコンテスト」で金賞を獲得した。部活動を含め週10時間以上の練習を重ねてつかんだ栄冠。「努力を音に表すことができた」と喜んでいる。

 新3年生でソプラノの池水ここさん、アルトの祁答院夏妃さん、テナーの植村心美さんのアンサンブル。放課後の部活動のほか、朝の授業前や昼休みも練習に費やした。腹筋やブレストレーニングにも取り組み、腹式呼吸強化を図った。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、録音での審査だった。ミーチ作曲の「スクラップブック」から4曲を演奏し、約4分半を通して収録。最初のうちは緊張でうまくいかなかったが、「楽しんで吹こう」と気持ちを切り替え、全員が納得する仕上がりになった。

 金賞は参加24校の上位7校に送られ、栗野中は点数では4位だった。審査員からは「曲想を全員が理解し、共有できている」と高い評価を受けた。

 顧問の前田美奈子教諭(48)は「小さな音楽室でコツコツ練習してきたことが報われた」と目を細める。部長を務める池水さんは「夏の県音楽コンクールに向けて練習を重ねたい。新入生にもリコーダーの楽しさを伝えられたら」と意気込んでいる。
広告