時計 2021/04/15 16:35

鹿児島の聖火リレー、全ランナー191人決まる 上白石萌歌さんら出走 4月27、28日

上白石 萌歌さん
上白石 萌歌さん
 東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、鹿児島県内を27、28日に巡回する聖火リレーのランナー191人を発表した。北京五輪競泳男子メドレーリレー銅メダリストでタレントの宮下純一さん、女優の上白石萌歌さん、元バレーボール女子日本代表でロンドン五輪銅メダリストの迫田さおりさんらが出走する。

 タレントの恵俊彰さんや将来の五輪出場を目指す高校生アスリートら県実行委員会が既に選んだ53人も含まれる。組織委は新型コロナウイルス対策として沿道ではマスク着用や拍手など声を出さない応援を呼び掛けている。インターネットでもライブ中継される。

 初日は、志布志市の観光船バースをスタートし、鹿屋市、奄美市、南大隅町、霧島市、姶良市を経て、鹿児島市のウオーターフロントパークにゴール。2日目は、出水市の文化会館を出発し、西之表市、薩摩川内市、日置市、伊佐市、南九州市を経て、指宿市営陸上競技場に到着する。

東京五輪 聖火リレー特設サイトはこちら
(各コースのランナーの写真もアップ)