時計 2021/04/16 15:30

「甲鶴戦」コロナで2年ぶり熱戦 鶴丸22勝、甲南21勝…今年の軍配は?

28メートル先の的を狙う弓道の選手ら=鹿児島市与次郎1丁目
28メートル先の的を狙う弓道の選手ら=鹿児島市与次郎1丁目
 鹿児島市の鶴丸高校と甲南高校によるスポーツ交歓会「甲鶴戦」が16日、同市の県立鴨池運動公園などであった。サッカーや弓道、テニスなど15競技で熱戦を繰り広げた。

 毎年春に開催し、今年で51回目の伝統行事。これまで鶴丸22勝、甲南21勝、引き分け6回と互角の戦いを続けている。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止になった。

 午前11時から県武道館で始まった弓道では、選手が放った矢が的に当たる度に、両校の生徒から大きな拍手が上がった。

 観覧者の誘導など大会運営に奔走した実行委員長の鶴丸3年堀口琴菜さんは「無事に開催できて良かった」。弓道部の甲南3年樋口聡真さんは「友人と各競技の勝敗を予想するなど心待ちにしていた」と話した。

 今年は甲南が勝ち、22勝で鶴丸と並んだ。